逆玉に憧れ、目指している男性のための実践ガイド

逆玉婚の注意点

逆玉婚の注意点

現代男性の新しい憧れ「逆玉婚」!

でも、何も考えずに飛び込むには、リスクも伴います。

どんな点に注意し、覚悟しておけば、
「末永く幸せ」という成功可能性を高められるでしょうか?

愛情がなければどっちにしろ辛い

結婚の基本中の基本ですが、
相手に愛情がなければ、共同生活はツラいもの…。

「お見合い相手と結婚した人だって、幸せになるじゃないか!」

というかもしれませんが、
お見合い相手にも「この人とならやっていける」という、
覚悟のキッカケをもって結婚するのです。

単に相手の経済力が魅力なだけなら、
逆玉婚はオススメできません。

経済力も魅力の一つ、条件の一つとして挙げつつも、
実際には内面や価値観など、
相手のソフト部分を重視して決定しましょう!

最終的に相手を好きになれず、自分が浮気して離婚されて
慰謝料までとられる、

そんな、最悪パターンにもなりかねないのです!

価値観の違い

どのようなカップルでも、結婚したら、
多少の価値観の違いは乗り越えなければならない壁です。

しかし、もとの二人の生活レベルが異なると、
その壁が高くなってくることは否めません。

特に相手がお嬢様で、幼少期から経済・生活上で
違う価値観の下で育ってきたような場合・・・

結婚してからもそのままでいられるのかどうか、
それとも変えられるのか、その見極めをしなくてはなりません!

また、育ちは一般家庭でも、
現在収入が多いために、生活レベルに差があると、

現在の生活を基準にして、あなたの価値観や生活を
批判されることもないとは言えません。

「男性はこうするべき」

「こうしてほしい」

という価値観が異なるのも、けっこうツラいもの。

また、違う環境下で過ごしてきた場合、
性的価値観についても、大きく異なることもあります。

極端に潔癖症だったり、逆に抑圧されてとても情熱的だったり・・・。

その点も、おつきあいの間に相性を確かめることが肝要です。

親の干渉

いわゆる伝統的な「逆玉婚」の場合、
義理の親の影響力が強いことは、覚悟しておきましょう!

それは恩恵でもありますが、制約でもあります。

「マスオさん」といわれる単なる同居状態でも、
居場所に逃げ場もなく、窮屈なことは否めません。

ましてや、婿養子のような状態となり、
仕事や金銭面で義父の恩恵を受けると、
自分に最終決定権を持たされないことも多くあります。

また、このような状態の場合、
金銭管理を任せてもらえないこともしばしば。

「家には多くの資産があるが、自分では動かせない」
というようなことも多く聞かれます。

さらに、娘が親離れしていない場合、
義理の父母の価値観に左右される場合があります。

あなたの味方になってくれなかったり、
義理の母がしばしば家にあそびにきて、
プライベートが保たれないなんていうことも・・・。

成功の可能性が高い男性のタイプは?

こうして総合的に見ると、
鷹揚で、相手の価値観が違っても、柔軟に対応できる。

また、お金や権利、面子などにこだわりのない男性の方が、
逆玉婚の成功可能性が高いと言えそうですね!



では、実際に逆玉婚に成功した人々の声や、
海外での逆玉の状況などを見てみましょう!


powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

FX